Pairs

【マッチングアプリ】マッチング率は写真で上がる!モテる写真設定のコツ

※このページは女性向けの記事になります。

マッチングアプリは写真が命

マッチングアプリにおいて、最初の接点は写真。

 

自分のプロフィールページに飛んでもらうためには、サムネイルの時点で

まつしょう
まつしょう
この人、いいな

と思わせる必要があります。

※サムネイルとは、検索結果一覧で出てくるこれです。

 

私は5年ほど前からPairsなどのマッチングアプリを利用していますが、成功の秘訣は

「いかにマッチングして会う機会を増やせるか」

だと思ってます。そして多く会うためにはより多くの人に自分のプロフィールを見てもらう必要があると思います。

 

今日はそのために不可欠なモテるプロフィール写真設定のコツについてご紹介していきます。

男ウケするプロフィール写真の撮り方

いいねをもらいやすい写真についてまとめてみました。

  • メイン写真は胸から上の顔が隠れてない写真
  • 他撮りで自然な笑顔の写真
  • なにかに夢中になってる写真
  • 風景+全身
  • 動物+自分

以下でそれぞれ説明していきます。

メイン写真は胸から上の顔が隠れてない写真

「レッドスムージーを飲む女性」の写真[モデル:河村友歌]

メイン写真はやはり顔がはっきりと分かる写真をお勧めします。

スタンプなどで顔を隠すことはNGです。

 

また遠目の写真ですと、サムネイル状態の時にタップしてもらえる確率が下がってしまいます。

 

顔が分かる写真であれば、正面で写った写真でなくても、横顔や少しうつむいた写真でも大丈夫だと思います!

他撮りで自然な笑顔の写真

「満面の笑みでコーヒーを飲む彼女」の写真[モデル:河村友歌]

マッチングアプリでは自撮りの写真をアップしている女性も多いのですが、私は他の人に撮ってもらった写真を選ぶことをお勧めします。

 

自撮りだとどうしても決め顔や表情のない顔になってしまいがちで、自然な表情になっていないことが多いです。

 

出来るだけ友だちと遊びに行った時の写真や、友だちにお願いしてカフェなどで自然な表情をしている写真を撮ってもらいましょう。

 

何かに夢中になってる写真

「撮った写真を確認している一眼女性」の写真[モデル:たけべともこ]

何かに夢中になっているときの顔は、キラキラしているものです。

 

そして、同時に趣味もアピールすることができるので一石二鳥です。

 

男性側からしても、楽しそうな顔をすることがあるんだなと分かると安心します。

 

風景+全身

「ひまわりと浮かれた女の子」の写真[モデル:にゃるる]

全身写真はその人の体型・スタイルを知ることができるため、あると男性は安心します。

 

アプリではよく風景だけの写真をアップしているのを見かけますが、それだけではあなたの情報が何もない写真になってしまうので、出来るだけ自分も写っている風景写真を選びましょう。

動物+自分

「ポメラニアンを抱きしめる女性」の写真[モデル:Lala]

これはやりすぎるとぶりっ子になってしまいますが、動物好きの女性を見て悪い印象を抱く男性はほとんどいないと思います。

 

風景と同じですが、動物だけの写真をアップするくらいならここでも自分が一緒に写っている写真を載せた方がプラスになると思います。

 

次からは逆に印象が悪くなる例をご紹介します。

印象の悪いNG写真例

これからご紹介する例は、マッチングアプリでよく見かける写真ばかりです。

 

もしマッチングアプリをやられている方で、これらの写真を使っていたならその写真を変えてみるだけで少し反応が変わってくるかもしれません。

<NGな写真例>

  • 画素数が粗い
  • 風景だけの写真(海外多めだとなお×)
  • 食べ物だけの写真
  • 後ろ向きの写真
  • 遠すぎる写真
  • 鏡自撮り
  • 男性と写っている写真
  • 面白系加工写真

画素数が粗い

ピンボケ写真のイラスト

これは大人数で撮った写真を自分のところだけ切り取ったりすると起こりがちなミスです。

出来るだけトリミングはせずに使えそうな、ピン画像を使いましょう!

風景だけの写真(海外多めだとなお×)

「ヴェネツィアを流れる水路の船着場と浮かぶゴンドラ(イタリア)」の写真

これは、上のモテ写真の方でもご紹介した通り、自分が写っていた方が良いです。

綺麗な写真だというのは分かるのですが、風景だけだとどうしてもその方の情報が入ってきません。

 

また、海外の写真が多いと

まつしょう
まつしょう
この子と付き合うとすごくお金がかかるのでは・・・?

と不要な推測をされてしまう可能性もあるので要注意です。

食べ物だけの写真

「話題の九州パンケーキにフルーツ盛り」の写真

これはマッチングアプリで一番載ってることが多い写真の一つですね。

1枚なら良いのですが、何枚もサブ写真に使われていても基本男性会員は流し見してしまうので他の写真に変えた方が良いと思います。

後ろ向きの写真

「切ない夏の海」の写真

顔出しをあまりしたくない女性や自信のない女性に多いのかもしれません。

 

スタイルが良い女性が後ろ向きの写真を使っていることが多い気がします。

 

でも会ってみたら全然思っていた人と違う、という経験が私もあるので男性も注意が必要です。

遠すぎる写真

「FREE FALL(時津町、文化の森公園)」の写真[モデル:塩田みう]

遠目から撮影された写真はサムネイルにすると全くどんな人か分かりません。

さらにPairsでは最近ズームアップすることが出来なくなってきたので特に遠目の写真は使うのを避けた方が良いでしょう。

鏡自撮り

モテ写真の方でご紹介した通り、自然な表情、笑顔の方が異性に安心感を与えることができ、いいねをもらいやすいです。

 

鏡で自撮りをするとどうしても決め顔や無表情になりがちなのでオススメできません。

男性と写っている写真

楽しい飲み会のイラスト(会社)

マッチングアプリを見ていると男性側をスタンプで隠してアップしている方もたまに見かけます。

 

言うまでもなく男女2人の写真はNGですが、上のイラストのような飲み会の写真などもあまり好印象ではないと思います。

面白系加工写真

「うっそーん」の写真[モデル:佐竹PP]

変顔をしていたり、写真加工アプリで過度な加工をして奇をてらおうとしてくるような写真がまれにあります。

 

仮に面白さが自分の長所だと思ってやっているのだとしても、それは全く逆効果です。

そのような写真を使っている場合は、すぐに削除しましょう。

まとめ

ここまでご紹介してきた内容をまとめると、以下の通りです。

<モテ写真>

  • メイン写真は胸から上の顔が隠れてない写真
  • 他撮りで自然な笑顔の写真
  • なにかに夢中になってる写真
  • 風景+全身
  • 動物+自分

<NG写真>

  • 画素数が粗い
  • 風景だけの写真(海外多めだとなお×)
  • 食べ物だけの写真
  • 後ろ向きの写真
  • 遠すぎる写真
  • 鏡自撮り
  • 男性と写っている写真
  • 面白系加工写真

プロフィール写真はマッチングアプリにおいて一番重要ともいえる要素ですので、ぜひこれらの例を参考にしてもらえたらと思います。

 pairs(ペアーズ)で出会いを探す

関連記事