金と女とアラサーと

多趣味なまつしょうが、借金生活から逃れるために日々を少しだけ便利にしてくれるものや楽しくさせてくれるものを紹介します。

金と女とアラサーと

転職をしてわかったこと

f:id:mattunkeiba:20180914013154p:plain

 

転職して初めてわかったこと

こんばんは、まぐろんです。

 

先日転職の話で、なぜ僕が前職が嫌だったか、なぜ転職に至ったかという記事を書かせて頂きました。

matsusho.hatenablog.com

ここに関連して、これから転職活動をしたいと思っている方に向けて、転職活動時や退職手続き時など実際行動に移してみて初めてわかったことを共有できればと思います!

 

転職してわかったこと

1.次の会社が許せば、転職後も前職の有給を消化し続けられる

2.退職日が確定し、日が近づくまでは周囲の誰にも明かさない方が良い

3.他にどこを受けていますか?は危険な質問

4.転職エージェントは、行きたいところが決まってなければ人で選べ!

5.ビズリーチは自分の市場価値のものさしになる

 

 

1.次の会社が許せば、転職後も前職の有給を消化し続けられる

これが一番の驚きポイントであるとともに、自分ができなかったので後悔している部分・・・

 

まず当たり前の話ですが、有給を取得するのは労働基準法で認められた僕ら労働者の権利です。正当な理由なくそれを奪われることはありません。その会社に在籍している間はね。

次の会社の入社日にあわせて退職する必要はなくて、有給を使いきれる日を退職日とすればいいんです。

自分の場合は、7月31日まで前職に在籍して、8月1日から今の会社に入社しましたが、7月31日時点で有給が10日間くらいありました。

これ、普通に捨てちゃいました。残念ながら・・・。

 

でも本当は8月1日に入社した後も、有給を消化し続けることが出来たんです!

普通に10日分の給料って考えたら大きいですよね。><

 

 

 2.退職日が確定し、日が近づくまでは周囲の誰にも明かさない方が良い

 

これはなるべく早めに言っておいた方がいいと思う方も中にはいるかもしれません。

私も、やめることを上司に伝えたその日に、仲のよかった同期に喋ってしまいました。

それがいけなかった・・・

誰かが辞める噂って、一瞬で広がるんですTAT

 

たとえこの人なら大丈夫、とおもっている人でも言わない方が吉です。

言わなかった人には何で俺には報告ないとか言われるし、手続き前に広まっちゃうとなんか居づらかったりします笑 

あ、でももちろん最終的にはお世話になった方全員に伝えるべきですよ。

対面で挨拶した方がいいですが、時間がなければせめてメールで全員に通知はしましょう。

3.他にどこを受けていますか?は危険な質問

新卒でも中途でも、面接が進んでくると必ず聞かれるこの質問。

僕は正直に答えていましたが、これ、あんまり正直に答えすぎず考えて回答した方が良いです。

人によるのかもしれないですけど、僕はこれで2回損をしました笑

 

・1回目:他に面接進んでるところを言う

 ⇒ え、君にはその企業が向いてるよ。(不採用)

・2回目:正直に内定が出ていることを言う。

 ⇒あ、そうですか(急に冷たくなり、不採用)

 

本当に業界違うところを受けてたとしても、自分の転職動機は芯の通ったものにしておきたいところ。

 

 

 

4.転職エージェントは、行きたいところが決まってなければ人で選べ!

 何でこう言ったかというと、僕はリクルートキャリアを使っていたんですが、途中で担当のアドバイザーが変わって対応が雲泥の差だったから。

 

最初の方はかなり熱心で、面接前日にその会社の面接の傾向と対策を教えてくれたり、面接一つ通ったら、ここを通るようなら同じ業界のここを受けてみても良いかもしれない、とリコメンドしてくれたりといろいろ丁寧でした。

ところが、突然その方が異動になり別の方が担当に。この方は+αの提案をくれるどころか、日程調整連絡をするのにもなかなか繋がらず、向こうからかけてくるのは夜遅くのみという極端ぶり・・・。同じ会社でもこうまで違うと笑ってしまいますw

そのアドバイザーごとに得意な業界があるようで、それがはまっているかいないかの違いみたいですね。 

 

 5.ビズリーチは自分の市場価値のものさしになる 

 

ビズリーチはCMで有名になりつつありますよね!

 

ビズリーチのポイント

リクルートマイナビ:自分が良いと思った企業に対してアプローチをする

ビズリーチ:自分のプロフィールを見て興味をもったヘッドハンターや企業からスカウトのアプローチが来る

 

ヘッドハンターや企業はアプローチするのに費用が発生するので、手当たり次第にだれかれ構わずスカウトするわけではありません。

 

つまり、このスカウトがどのくらい来るかによって、自分が市場でどの程度求められる存在なのか知ることができるんです。

もっと具体的に言えば、年収うん百万以上のスカウトだけ受ける、という設定も可能ですので、それでどのくらいスカウトが来るのかを見て自分の適性価値がどこにあるのかを探っても良さそうでした。

本来はビズリーチは有料のサービスなんですが、初月は無料で使えるので転職スタート時にこれで価値を図るのはアリだと思います!

 

今後も転職関連の記事は書くかもしれませんが、ひとまず今回はここまでとします。

 

では、また次の記事でお会いしましょう!!