レビュー記事

【2019年版】最新kindleを徹底比較してみた!【paperwhiteとoasisどっちが良い?】【8GBと32GBどっちが良い?】

f:id:mattunkeiba:20190122162733p:plain

本を読むことの大事さ

その通りだなと思い引用させていただきました。

 

とは言いつつも、僕自身なかなか本を読むことを習慣化できていないのも事実。

本ってかさばるし重いから、出来るだけ持ち歩きしたくないんですよね。

 

・・・そんな悩みを解決してくれるのが、電子書籍リーダー

f:id:mattunkeiba:20190119224256p:plain
Kindle

電子書籍リーダーがあれば端末1台で沢山の本を読むことができるし、通勤時に読む「癖」をつけられるんじゃないかなあなんて思ってます。

 

せっかく買うなら、ワイヤレスイヤホンのときと同様しっかり調べたいのが僕。

今日は、僕と同じく電子書籍デビューしたい方向けの記事です!

※僕がAmazonプライム会員のためkindle前提で話をしていますが、同様の端末は楽天のkoboなど他にもあります。

 

 

 

タブレットとkindleどっちがいい?

まず、電子書籍を読むツールとしては下記3パターンがあると思います。

・既存のスマホで読む

・電子書籍専用のリーダーで読む

・タブレットで読む

このようにkelenさんが言ってくれていますが、既存のスマホですとどうしても電池持ちが気になります。タブレットにすれば動画なども観ることができるようになりますのでそこは考え方次第かなあと思います。

 

タブレットは人気のiPadシリーズでもいいんですが、少し高い。。(40,000円程度)

kindleシリーズだとFireタブレットというものがあり、安価に購入可能です。(5,980円~)

 

一方、目的が読書のみであればkindleがタブレットより軽量で、数週間充電が持ちますので間違いなくこちらということになると思います。

 

また、Amazonプライム会員でkindleを購入している方は、「Kindleオーナーライブラリー」という特典によって毎月1冊無料でKindleにダウンロードすることができます。(※)

※洋書60万冊の中から1冊。無料ダウンロードは1冊しかストックしておけない。

 

次からは、さらに詳しくタブレットとKindle(電子書籍専用リーダー)について比較していきたいと思います。

 

Fireタブレット/Kindle徹底比較

Fireタブレット

f:id:mattunkeiba:20190122192310j:plain
Fireタブレット比較(Amazonより)

kindle端末と比較すると、130~300gくらい重いです。片手で本を読むを徹底しているわけではないですね。

また、バッテリーも8~10時間なので、毎日の充電は欠かせません。

 

ただし、Amazonプライム会員であればこの端末でAmazon musicも聴き放題、AmazonPrimeで映画も見放題です!

カメラも付いていてアプリも使えるので、タブレットのような感覚で使いたい方にはオススメです!

Fireタブレットのメリット

・Kindleシリーズ唯一のカラー液晶

・アプリが使用できる

・動画視聴ができる

・製品価格が超安い(5,980円~)

 

Kindle

f:id:mattunkeiba:20190122192414j:plain
kindle比較(Amazonより)

・kindle 

シリーズの中で最も安価かつ軽量ですが、解像度が悪くマンガを読むのには向きません。また、画面ライトがないので暗いところでは読めません。4GBだとハンター×ハンター全巻揃えると満タンになってしまいますw

 

・kindle paper white

 kindleと比較してライト搭載、防水になり解像度も上がりました。

容量は8GBか32GB選べて、表の価格は8GBです。32GBにすると+2,000円。

・kindle Oasis

とにかく快適に本を読むことに拘る方にオススメ。

他機種だとスワイプでページ送りしていたのが、この機種ではページ送りボタンが付いています。また明るさの自動調節がされるので場所を選びません。

ただ、電子書籍を読むためだけの端末としては高い気がする・・・(29,980円) 

kindleのメリット

・紙のような画面表示で、目が疲れない

・タブレットより軽量で充電が長持ちする

・直射日光の下でも暗いところでも読みやすい

 

広告のアリ/ナシを選択

広告は

・ロック画面

・ライブラリ下部

に表示されます。

 

読書中には全く出てこないですが、これすらも鬱陶しい方向けに広告ナシモデルを購入することも可能です。(通常価格+2,000円)

購入後に広告のアリ/ナシを選択しなおすことは出来ないので、購入時によく検討してみてください!

 

3G/4Gで無線を付けることも可能

 通常の本体価格+9,000円で、どこにいても最新の本をダウンロードすることが出来ます。ただこの機能は家にWi-fiがあって家で基本ダウンロードする人であれば不要かなと思います。純粋に高いしw

 

8GBと32GB、どっちがいいの?

まず、価格としては32GBの方が2,000円高いです。

 

 一度読んで当分読み返さないであろう本はAmazonクラウドへ移すことができます。

クラウド利用は無料で容量制限もないため、特に容量を気にしながら使うということはないかなと思います。

 

※参考:8GBと32GBでダウンロード可能な書籍数

<通常モデル 8GB> 

書籍:1冊20~70MB 100~350冊程度

マンガ:1冊100MB 70~80冊程度

 

<マンガモデル 32GB> 

書籍:1冊20~70MB 400~1400冊程度

マンガ:1冊100MB 280~320冊程度

 

ただ、マンガ中心に楽しみたい方は8GBですとすぐに満タンになってしまいそうなので32GBの方でも良いかもしれません。

 

おわりに

電子書籍を色々見てて思ったんですが、どれも紙の本より若干安いですw

これ、電子書籍で買わない理由がないな・・・

僕は、完全に読書用に買いたいのでkindle paper whiteを買おうかなあと思ってます。

買ったら、ちゃんと感想レビューも書きますね。

 

kindleを購入する:

 

 

参考:Kindleの全モデルの違いを比較。どのモデルを購入するべきかも解説しています。 | ゴトーのブログ